長泉町一般廃棄物最終処分場

長泉町一般廃棄物最終処分場

長泉町一般廃棄物最終処分場のホームページへ戻る 長泉町一般廃棄物最終処分場に問い合わせる

ホーム > PFI事業

長泉町一般廃棄物最終処分場の紹介
長泉町一般廃棄物最終処分場のPFI事業
長泉町一般廃棄物最終処分場の環境保全対策
長泉町一般廃棄物最終処分場へのアクセス

PFI事業

長泉町一般廃棄物最終処分場事業スキーム

PFI事業契約に至るまでの経緯

事業構成上の特色

平成15年7月
総合評価一般競争入札
による公募
平成15年12月
落札者に決定
平成16年1月
長泉ハイトラスト
(SPC)設立
平成16年3月
事業契約締結
平成16年12月
設置許可取得、着工
平成18年3月
施設竣工
平成18年4月
運営開始

事業内容


本事業は、PFI法に基づき、長泉町から発生する一般廃棄物(不燃ごみ、焼却残渣等)を受入れる最終処分場を設計・建設し、15年間所有、運営・維持管理した後、長泉町に無償で譲渡移管します。(BOT方式)

サービス提供型


SPCスポンサー企業3社の豊富な実績とノウハウを活かし、環境対策にも万全を期した良質なサービスを提供することにより、長泉町からサービス対価の支払いを受けます。

※SPC=Special Purpose Company(特別目的 会社)

プロジェクトファイナンスの導入


プロジェクトファイナンスの導入により、金融機関がリスク分析等の事業精査及びモニタリングを行うため、SPCの事業経営の安定性・継続性がより確実なものとなります。

官民の適切なリスク分担


リスクが顕在化した場合の措置について具体的かつ明確に特定事業契約等において規定することにより、官民の適切なリスク分担を実現しています。